スポンサードリンク

マフェトン理論と食事A

マフェトン理論の食事管理

前回お話したとおり、マフェトン理論でいう理想的な三大栄養素のバランスは以下の通りです。

炭水化物:脂肪:タンパク質 = 4:3:3

その前にちょっと考えて欲しいのですが、私達の体を作り上げる原料となっているものは何でしょうか?

言うまでもなく毎日の食事ですよね。

というわけで、エアロビックな体をつくるためにマフェトン理論では食事の内容、つまり食材に関してもいくつかの提案をしています。炭水化物なら白米ではなく精製のされていない玄米を摂取すること。脂肪に関しては、体内で分解され、エネルギーに変換されやすい不飽和脂肪酸の多いオリーブオイルなどの植物性の良質な油や魚、タンパク質に関しては、肉や乳製品などの動物性タンパク質よりも大豆などの植物性タンパク質から摂取するよう提案しています。

マフェトン理論と食事Bへ

スポンサードリンク

タグ:ダイエット 脂肪 食事 炭水化物 タンパク質 たんぱく質 蛋白質 マフェトン 美容 健康
マフェトン理論で体脂肪を落とすダイエットトレーニングの方法 TOPへ


posted by 体脂肪をマフェトン理論で燃やす会 at 04:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフェトン理論で体脂肪を落とす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。