スポンサードリンク

善玉コレステロールを増やすには…

マフェトン理論で提唱されていますが、少なくとも30分以上の継続した運動が必要だという事が御茶ノ水女子大学の研究グループの調査で分かったとの事です。1回の運動を30分とすると週に2時間以上の運動なら4日は運動をする計算になります。1回の運動を50分位で週に3回位が丁度良いのではないでしょうか?

5月29日3時15分配信 読売新聞

 運動で善玉コレステロールを増やすには、少なくとも1回に30分以上、1週間で計2時間以上の運動量が必要であることが、お茶の水女子大の研究グループの調査でわかった。米国の内科学雑誌に発表される。

 血液中の余分なコレステロールを回収することから「善玉」とされるHDLコレステロールは、運動によって増えるとの指摘はあったが、どの程度行うべきか明確な指標はなかった。

 同大生活習慣病医科学講座の児玉暁(さとる)研究員と曽根博仁准教授(代謝内分泌内科)は、ウオーキング、ジョギングなど有酸素運動によるHDLコレステロールの変化に関する25の研究論文のデータを解析した。

 それによると、HDLコレステロールの上昇には、週当たり推定消費エネルギーで900キロ・カロリー、時間にして2時間以上の運動量が必要だった。一般に1時間の速歩きで300キロ・カロリー程度消費するとされる。



善玉コレステロール増える運動量は1回30分、週2時間超
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070529-00000501-yom-soci

スポンサードリンク

タグ:マフェトン理論 コレステロール エクササイズ 運動 脂肪 燃やす 落とす 減らす 減量
マフェトン理論で体脂肪を落とすダイエットトレーニングの方法 TOPへ


posted by 体脂肪をマフェトン理論で燃やす会 at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフェトン理論で体脂肪を落とす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43203439
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。