スポンサードリンク

マフェトン理論で効果的に体脂肪を落とす方法A

マフェトン理論で効果的に体脂肪落とす方法A

マフェトン理論のプログラムでダイエットに取り組むに当たって最初と最後の15分がもどかしいなんて声が聞かれます。なぜ早く体重を落としたいのに、減量したいのにウォームアップとクールダウンにそんなに時間をかけるのか?

運動というのは体を動かす事ですね。手足や体感の筋肉に大量の血液を流し込む事でもあります。体を動かすのに必要な血液が酸素などを筋肉に運びます。血液の絶対量は変わらないので、いざ運動を始めた時に何が起こるかというと、内臓などにある血液が大移動をして筋肉を動かす為に総動員される事になるのです。それを急激に行えばストレスが生じないわけがありません。
マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動

この血液の移動がスムーズに行われないと酸素や栄養素などが届かないうちに無理やり筋肉を動かす事になります。体に良いわけがありません。トレーニングの効果があらわれないばかりか、怪我もしやすくなります。そして、体脂肪(脂肪)ではなく糖質がエネルギーとして使われることになります。これではダイエットの効果など到底得られません。

ゆっくりと時間をかけて血流を体の隅々の筋肉にまで送り込んでやれば、無理なく体を動かす事が出来て、血中の脂肪の濃度を高めて脂肪をエネルギーとして使うようになります。体脂肪(脂肪)を燃やしてダイエットしたい私達にはウォームアップは欠かせない作業です。

逆にクールダウンはどうでしょうか?血液は酸素や栄養素などを筋肉に送り込むのと同時に筋肉から出る老廃物(二酸化炭素や乳酸など)を運び出す役割をもっています。これもいきなり運動をやめてしまうと円滑に行われなくなり、疲労や筋肉痛の原因となります。

マフェトン理論では以上の様な理由から、ダイエットの効果をあげるためにもウォームアップとクールダウンに15分はかけてゆっくり体の血液のめぐりをよくしましょうと言っています。

スポンサードリンク

タグ:マフェトン 体重 減らす ダイエット 減量 運動 体脂肪 脂肪 落とす 痩せ スリム 有酸素 エアロビック エクササイズ
マフェトン理論で体脂肪を落とすダイエットトレーニングの方法 TOPへ


posted by 体脂肪をマフェトン理論で燃やす会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフェトン理論で体脂肪を落とす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40736157
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。