スポンサードリンク

マフェトン理論で効果的に体脂肪を落とす方法@

マフェトン理論で効果的に体脂肪落とす方法@

マフェトン理論のプログラムを活用して効果的に体重を減らす方法で2つの知っておくべき事がありましたね。(心拍計を用意するのも忘れないで下さい。)
1.【180−年齢】という式であなたにあった運動時の心拍数を計算する。
2.運動の最初と最後の15分は必ずウォームアップとクールダウンをする。その15分で徐々に心拍数を上昇、下降させる。

さて、効果的なダイエットをするために自分に合った心拍数の上限、下限を計算するのに先ほどの式にもう一つ項目を加えます。別にややこしい事ではないのでこのままサラッと読み進めて下さい。要はあなたの現在の体調に合わせて心拍数も微調整した方が効果的に体脂肪(脂肪)を燃焼させることが出来て、なおかつ体重も減らせられるということです。元の式に下の4つのうち自分に当てはまっているものを選んで数値を訂正しましょう。

ケース1:【180−年齢−10】
病気(心臓病、何らかの手術や入院など)にかかっている。投薬を受けていたり、病気が治ったばかりの状態。

ケース2:【180−年齢−5】
怪我をしたか、トレーニングやレースでの成績が下がりつつある。風邪をよくひく。アレルギーがある。病気はしていないが運動不足である。

ケース3:【180−年齢】
過去2年間、あまり問題もなく上手く運動ができている。1年に1,2度位しか風邪をひかない位健康である。

ケース4:【180−年齢+5】
2年以上大した問題もなく上手く運動ができている。また、怪我もなく、競技での成績も伸びている。

例をあげると、前回の記事と同様あなたの年齢を30歳として、病気はしていないけれども、しばらく運動していないのであれば、ケース2がの望ましいでしょう。この場合は・・・
180−30−5となりあなたの心拍数の上限が145、下限が135となります。

そして、運動を始めたら3〜5分おきに心拍数をチェックして、15分かけてゆっくりと上記の心拍数(135〜145)まで上昇させるようにしましょう。あなたが驚くほど軽い運動に感じるかもしれませんが心配ご無用です。ダイエットに効果的な運動だからって激しくやる必要はありません。むしろ、ゆっくり継続して運動する方が痩せるためのダイエットトレーニングとしては効果があると言われています。
マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動
このようにマフェトン理論では心拍数を基準にして、より効果的に体脂肪(脂肪)を燃焼させる、つまりダイエットに効果があるプログラムを教えてくれます。そして、あなたの今の体調に合わせて、極めて個人的なダイエットのプログラムを組むことが出来るという利点があります。
マフェトン理論で効果的に体重を減らす方法Aに続きます。

スポンサードリンク

タグ:燃やす 落とす 体脂肪 マフェトン ダイエット 体重 減らす 方法 減量 心拍数 運動 スリム 有酸素 エアロビック エクササイズ
マフェトン理論で体脂肪を落とすダイエットトレーニングの方法 TOPへ


posted by 体脂肪をマフェトン理論で燃やす会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフェトン理論で体脂肪を落とす
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。