スポンサードリンク

マフェトン理論で鍛える筋肉は

マフェトン理論で鍛える筋肉は

マフェトン理論で鍛える筋肉は体脂肪(脂肪)をエネルギーとするエアロビック筋肉です。エアロビック筋肉は遅筋(血液が通い赤く見えることから赤筋とも言います)と呼ばれ、全筋肉量の70〜80%を占めています。残りの20〜30%が糖質をエネルギーとして動くアネロビック筋肉です。アネロビック筋肉は速筋(血液が通う量が少ないので白っぽく見えるので白筋とも言われます)と呼ばれ、短時間に瞬間的に動く筋肉です。
マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動マフェトン,体,脂肪,燃やす,ダイエット,美容,エステ,スリム,ビューティ,減量,痩せ,心拍数,燃焼,運動

勿論マフェトン理論で鍛えるべきはエアロビック筋肉です。鍛えるといってもダンベルなどを使用するわけではありません。それはアネロビック筋肉のトレーニングです。

エアロビック筋肉を鍛えるというのは心肺機能を向上させて体脂肪(脂肪)をエネルギーに変換させる能力を高めるという事、エアロビックなカラダになるという事です。トレーニングの内容は歩く、走る、泳ぐなどのエアロビクス運動(有酸素運動)になります。

マフェトン理論は、単に長時間の汗かき運動ではありません。しかもゼエゼエ呼吸が苦しくなるような有酸素運動でもありません。だから、ダイエットをして痩せたいという女性にも無理なく出来ると言われています。これについては別の記事で説明しましょう。

スポンサードリンク

タグ:痩せ 有酸素運動 運動 走る 歩く あるく ダイエット 脂肪 体脂肪 筋肉 マフェトン 落とす エアロビック エクササイズ
マフェトン理論で体脂肪を落とすダイエットトレーニングの方法 TOPへ


posted by 体脂肪をマフェトン理論で燃やす会 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフェトン理論的カラダ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40669000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。